「内田万里(ふくろうず)すずめの涙ワンマン@根津教会」レポート!

「内田万里(ふくろうず)すずめの涙ワンマン@根津教会」レポート!

2/4(土)に東京都文京区根津の根津教会で行われた、ふくろうず内田万里の初弾き語りワンマン「すずめの涙ワンマン」をレポート!

ふくろうずのライブには何度も足を運んでいるが、内田万里の弾き語りワンマンは初めて。

しかも場所が教会ということで、さらにどきどき。

 

 

千代田線根津駅から徒歩5分ほどの住宅街の中にひっそりと佇むこちらの教会。

人ひとりしか通れない狭い通路を通り、教会内の会場へ。

会場は思っていたよりひろく、形も扇型、さらにチェルシー舞花(アリオトのスタッフ)が用意したスコーン4種とドリンク券にも対応しているホットワインやチャイなど飲食物も充実。

 

正面右にグランドピアノとkeyboard、正面左にはPAとプロジェクターのような機器が

並べられている。(それらを操作していたのはROVOの益子樹氏

と、アリオト

の方々だそう。)

教会の外観を見たときは厳かなイメージに少し緊張していたけれど、会場に入るとアットホームな雰囲気&飲食スペースでチャイを飲んだら、なんだかホッとし、さらにSEでもBeatlesなど落ち着く洋楽が流れていて、うとうとしながらライブ開始を待った。


16時ちょうどに電気が消え、白いワンピース姿の内田万里登場。

『ふくろうずの内田万里です。よろしくお願いします。』

keyboardとグランドピアノが用意されてたが、まずグランドピアノに腰かけ演奏開始。

 

1曲目はまさかのふくろうずの曲ではなくYeah Yeah Yeahsの「Maps」をcover。

教会にぴったりな雰囲気のナンバー。

 

2曲目は内田の弾き語りでは定番の「ループする」。

ふくろうずのライブで何度か聞いていたので新鮮さはなかったが、いつもこの弾き語りを聴くと感情の込め方が他の曲より強いと感じる。

理由としては他の曲は抑揚が分かりやすくついているのに対し、この曲はほとんど抑揚がついていないからだ。

ほとんど抑揚がついていないといことは全体を強調したい、全部の歌詞とメロディを同様に大事にしているということなのではないか、と思いながら言い訳ばかりのダメな自分を嫌なやつだと思いながらもそんな自分を好きでいてしまう曲「ループする」に耳を傾けていた。

 

3曲目に「白いシャトー」が原曲通りのイントロで始まる。

スタッカートに合わせて体を軽くジャンプさせながらピアノを弾く内田が小動物の様で可愛らしい。


3曲終了後、キーボードに移動し『仔猫がおっぱい飲むときに足を踏み踏みするのが可愛くて、こんな素晴らしいものは無いと思っていて、それの1000分の1にも満たないかもしれないけど、それくらい良い曲をかけたらなーというモチベーションで曲作りをしているふくろうず、内田万里です (観客:?小笑い)では、猫じゃないけどうさぎの曲やります。』

と相変わらずのシュールなMC。

その後ミッフィーのことを歌にした「ガーリーズハイ!」をkeyboard使用&アリオト作成の映像が十字架が象られている白い壁に映し出すなどし、雰囲気を一転させ再スタート。

 

次にイントロを聴くだけで夜の遊園地が想像できる「メリーゴーランド」~「ラジオガール」まで現体制でのポップな4曲を一気に披露。


再びグランドピアノに戻り、軽く曲紹介をし2ndアルバムから「灰になる」。

その後『バンドでやるには暗いかなってふくろうずではやらないんだけど、トリケラトプスの骨は白くて冷たくて何も語らないって歌詞の曲やります。でも卓丸(安西卓丸Ba.cho.)がニューヨークに行って本物の骨見てきたら茶色かったよ(観客:大笑い) って。でも歌詞は変えずにやります。』

とMCし「トリケラトプス」を披露。

 

そこから続けて、好きな人と海を見に行く゛♪ねえねえもう帰ろうよ゛のサビが印象的な切ないスロウナンバー「たゆたい」へ。

物語のような歌詞で進んでいくこの曲、゛♪ねえねえもう帰ろうよ゛のフレーズが教会中に心地よく、でもとても切なく響き渡った。

 

さらに続けて「マイノリティ」を演奏、そして『新曲やります。ぼくのなかではきみが世界で一番ビューティフルって内容の、ビューティフルです。』と「ビューティフル」を開始。

曲の解説を聞いただけで、内田の女性らしさが滲み出ていて、女性なら誰でも望んでいることを歌にしたのだな、うるっときた。

新曲なので他の曲より耳を澄ませて歌詞とメロディを聴いていたが、内田は特徴的な歌い方なので少し歌詞が分かりづらいという先入観があり、よく聞いていてもどうせ歌詞はわからないだろうな。と思っていた。

しかし”♪一途なふりして実は浮気性の僕には 君を愛する資格なんてないけど 君の誕生日にハッピーバースデーを歌うよ”などの歌詞がどんどん入ってきて、こんなくせのある歌い方をするのに歌詞が聞き取りやすいアーティスト、そう多くはいないだろう、とPOST矢野顕子をも彷彿させる内田の表現力の高さを実感。

 

余韻に浸る間もなく、次曲「できない」!!!

ナカコーも好きだと語るこの曲。

ギターサウンド中心のため弾き語りではやらないだろうと思っていたので意外な選曲であった。

所々歌詞を変え、お茶目さをのぞかせながらあっという間に1曲終了。


『中々外暗くならないですね・・・。みなさんリクエスト曲ありますかー?え、(くるりの)「ばらの花」!?じゃあ音取りからしなきゃーあと最初の歌詞は…(ピアノを弾きながら)♪あーあーあー雨降りの~こんな感じかな?じゃあ行きます。』

曲を開始するもすぐに『♪雨降りの~あれ、なんだっけ?この後の歌詞、誰かくださいー。』(観客:朝!)『あー!』曲を開始する。

しかしまた2番手前で止まり、『あれ…2番の歌詞触りください(観客:反応なし)だれかーあ、思い出した!♪愛のばら掲げて~』

本当に元々のセトリになく即興でやっていたようで止まりながらだったが、原曲ファンを裏切らない完成度で演奏してくれた。

ばらの花でまた矢野顕子を思い出してしまった!!!

 

そして本編最後に代表曲「ごめんね」。

間奏の”♪殺してくれ”のところでピアノがピタリと止み、いつも以上のシャウトで観客を驚かせ、”♪~と叫び出すような恥ずかしい夜は 抱きしめてってくれよ ほんとごめんねありがとう” まで息をつく間もなく一気に駆け抜けた。

「ごめんね」という曲名なのに「ありがとう」を詞に入れているのもふくろうずの良さだと改めて実感。

白いワンピースをはためかせ、そそくさと退場する内田。


すぐにアンコールの拍手が鳴り響き、内田再登場。

『アンコールありがとう。アンコール来なかったらどうしようって心配…したことはいまだかつてありません(観客:大笑い)みんなスコーン食べた?ホットワイン飲んだ?スコーンはチェルシーさんが作ってくれたんだけど、素人でもこんなの作れるのか!って引くくらい美味しいから(観客:中笑い)食べてね。

ホットワインはミナペルホネンのカフェで飲んで美味しいって騒いでたら店員さんが何も言わずにさっとレシピをくれて(観客:中笑い)作ってってチェルシーさんに頼んだら全く同じ味に作ってくれたの。もうこの美味しさカフェ開きたいくらいだよね(笑)週に二回くらいお店に出て、あ!ふくろうずの人だ!って言われたりして(笑)まあ、最近暖かい日も多いし春っぽい曲やります。』

昨年発売されたalbum「だってわたしたちエバーグリーン」から唯一弾き語り音源のある「うららのLa」を披露。

 

『あと1曲と思ってたんだけどワンマンだったら1時間半は欲しいよね?ということで17:30まではもたせます。みんななにやってほしいー?え、ダイナソー?新曲?(笑いながら)じゃあ両方やっちゃおうかな?』

(観客:拍手)2曲を一気に披露。


『そういえばグッズのポーチの名前、最初は石井ちゃんが「綾乃ポーチきみまろは?」(観客:大爆笑)って言ったんだけど文字に起こすとわかりづらくて。そしたら卓丸が「ポーチ国家日本はどう?」(観客:小笑い)っていうからそれになったんだけど…。やっぱり綾乃ポーチのがいいよね?ということで、(勝手に)これから綾乃ポーチきみまろという名前にします!(観客:大爆笑)』とMC。

そして最後に『3月にふくろうずでツーマンやるのでみんな来てね。今年バンドでまだライブしてないので楽しみ演るのはやっぱりバンドの方が好きなんだ。内田万里の名前で弾き語りを始めたのもアリオトさんの提案で、元々うんこマンてふざけた名前でしかやってなくて、(観客:爆笑)まさかワンマンするなんて1年前は思ってなかったよ。だから人生は何が起こるか分からなくて楽しい と思って生きてます。みんな本当に今日はありがとう。そんな皆さんに、この曲を。』

「すばらしい世界」がスタート。

すばらしい世界の弾きがたりも聞くのは2回目であったが、真剣にかっこよくボブヘアーを振り乱しながら弾き語る内田の姿は、かっこいい・可愛い・素敵など安易な言葉

一つでは言い表せないくらい魅力的で輝いていて、教会というロケーション×内田の白いワンピース姿のせいか「かっこいい天使」であった。(少し臭い表現ですがお許しを・・・!)

”♪安心だよ いつかは全部 終わるよ

誰にも平等に訪れるのさ 美しい フィナーレが!”

というふくろうずにしては珍しい前向きな詞で綴られるこの曲をしっとりと歌いあげると、大きな拍手が巻き起こり内田退場。

退場後も物販に立つなどファンへのサービス精神も旺盛であった。


ソロアルバムも夢じゃないな!?と思わせてくれる素晴らしいライブであった。

バンドの方も魅力満載なので是非聴いて欲しい。

 

3月18,19日には西麻布super deluxeにてスカート、川本真琴withゴロニャンずとのツーマンが行われる。

MCでもあったように今年初のバンド編成でのライブということで、気合十二分のふくろうずが見れそう。楽しみだ。

チケットまだの人はぜひお早めに!

 

*******************
「内田万里(ふくろうず)すずめの涙ワンマン」
@根津教会 セットリスト
1.Maps/Yeah Yeah Yeahs(cover)
2.ループする
3.白いシャトー
―(移動)―
4.ガーリーズハイ!
5.メリーゴーランド
6.SOSOS
7.ファンタジック/ドラマティック/ララバイ
8.ラジオガール
―(移動)―
9.灰になる
10.トリケラトプス
11.たゆたい
12.マイノリティ
13.ビューティフル(新曲) 14.できない
15.ばらの花/くるり(cover)
16.ごめんね
Encore
1.うららのla
2.ダイナソー
3.新曲 (曲名?)
4.すばらしい世界
*******************

 

ふくろうず公式 


Kinz up企画イベント「Bringly up -vol.1-」!

要チェックでお願いします!

2017年2月18日@渋谷LUSH

maco marets
大比良瑞希
TOKYO HEALTH CLUB
Lucky Kilimanjaro

という豪華メンツでやらせていただきます!
イベント詳細は以下ページから↓

 


≪関連記事≫

 


サイトのTwitterアカウントあるのでフォローよろしくお願いします!
おもしろい音楽情報のリツイート、もちろん更新情報をツイートするのでぜひ