次代を担う、ゆるポップバンド Taiko Super Kicks

次代を担う、ゆるポップバンド Taiko Super Kicks

ミツメに代表されるようなゆるい感じのポップバンド
素朴なのんびり聞いていたくなるメロディー、歌詞。

そんなTaiko Super Kicksについて。

ミツメと比較されることの多いバンドで
確かに曲調のゆるさ、素朴さなんかは類似してる部分も多い感じ。

ただ個人的にTaiko Super Kicksはシンセだったりエフェクトをそこまでかけない
正統派ロックにも寄せたバンドかな、というイメージ。

特に歌詞はすごい言い回しが独特だったり、詩的だったりして
聞いていて飽きないというか、何度も聞きたくなったりしちゃう。

メンバーは4人組、中でもドラムが女性で
サビでのコーラスなんかも女性ならではの心地よさがあってナイス。

 

かれこれ好き好き言っておきながらまだライブが見れてないけれど
youtubeに公開されたライブ映像を見る限り、ただただ良い。良すぎる。良い。

釘が抜けたなら / Taiko Super Kicks

 

以下主な活動。

2012/2013年あたりにSoundCloudにアップした音源が話題となりライブ活動を活性化、
自主製作としてCDを会場・限定店舗でリリース

2015年のFUJI ROCKではTempalayやD.A.N.も出演した
ROOKIE A GO GOに出演して話題に。

そして2015年の12月23日に待望のアルバム「Many Shapes」を全国リリースして一躍注目を浴びた。。

ちなみにこのリリースは、MARQUEE BEACH CLUB, MONO NO AWARE,パブリック娘。などなどと同じ
P-VINEというレーベルからのリリース。本当に要チェック必須のレーベルの一つ。

VINE(Twitter):https://twitter.com/pvinerecords

 

さて、もう一曲紹介としてアルバムMany Shapesにも収録されている「シート」の
元曲になったであろう「S.E.A.T.」をぜひ聞いてほしいです
これは2013年にSound Cloudで公開された音源。

ちなみに僕はアルバムの中ではこの「シート」が本当に好きで、一番聞いてます。
サンクラの音源よりもっともっと落ち着いた、ギターの心地いい曲にアレンジされてます、必聴で!

 

そしてそんなTaiko Super Kicks、2016年8月にはアナログ盤もリリースされていて、
それこそミツメと同じようにアナログで映えそうな音楽なだけにまだ買ってない方は今の内にゲットすべき1枚。

もちろんジャケットもおしゃれで、飾るアイテムとしてもばっちり120点。

tumblr_nzo0anSh8W1rk3e0mo1_1280

今後確実にもっと人気になっていくのは間違いないので今のうちからチェックしときましょう!

_________________________________

Many Shapes (LP) / Taiko Super Kicks

*ライブ音源ダウンロードコード付き

発売日:2016/08/10

SIDE A

01. メニイシェイプス
02. シート
03. 流れる
04. 低い午後
05. 別れ

SIDE B

01. 釘が抜けたなら
02. 水
03. ラフ
04. 夏を枯らして

_________________________________

【関連記事】


というわけでこのサイトのTwitterアカウントあるのでフォローよろしくお願いします
基本は音楽情報のリツイート、もちろん更新情報をツイートするのでよかったらフォローお願いします。