下北沢映画祭が10月7~9日に開催!8日にはヒップホップ映画上映×maco maretsのライブイベントも!

下北沢映画祭が10月7~9日に開催!8日にはヒップホップ映画上映×maco maretsのライブイベントも!

10月7,8,9(土,日,月)の三連休で第九回下北沢映画祭が開催。

メインイベントは三日間に渡って開催されるコンペティションでグランプリを決めるイベントのようだけど、
サブイベントとして8日の19時から「映画とラップの過去・現在・未来」というテーマで映画の上映、ライブイベント、トークショーが開催されるとの事!


そのイベントでは「ヒップホップカルチャーを世に知らしめた」と評判の高い”WILD STYLE”という映画が上映されます。

僕も見たことがないので果たしてどんな内容になっているか非常に楽しみ。
洋画なので字幕上映だそうだけど、その字幕はヒップホップ界のレジェンド”Kダブシャイン”が行っているそうなので
しっかりと意を読み取った字幕で鑑賞できるのは間違いなさそう。

ライブハウスでの映画上映とのことながら椅子が用意されていて、座って楽しめるそうなのでそこも安心ですね。

 

その映画上映の後には、
話題のラッパー、”雲のすみか”と”maco marets”、さらに「文科系のためのヒップホップ入門」の著者である”長谷川町蔵”氏によるトークショーイベントがあるとのこと。

これまでのヒップホップ、そして未来のヒップホップについてトークを広げるとのことでヒップホップ界に興味のある方は要注目です。

今のヒップホップブームについて当事者の話を聞ければな、、という事も勝手ながら期待してます。

 

トークショーの後からは雲のすみかとmaco maretsそれぞれによるライブアクトが見られるとの事。

maco maretsは当サイトでも幾度となく紹介してきたエモすぎるラッパーで、SCOFのアズマさんが作り出すビートとmaco maretsのラップはこの秋から冬の時期にぴったり過ぎるので間違いなく必聴です。
今夏リリースした”Summerluck”はシーズン終わってしまったけどそんなこと感じさせないトラックとラップのハマりかた、ぜひ足を運んで体感して欲しいです。

雲のすみかは、正直なところノーチェックなアーティストでしたがyoutubeで聞いてみたららスゴく聞きやすいラップするし、
1stアルバムはinstrumental曲もあるとのことだし、トラックもリリックも自分1人で手掛けている多彩なアーティストですね。ぜひライブを見れるこの機会を逃さないように!

 

そんな下北沢映画祭の一角で行われるオシャレなイベント、映画好きじゃないけどヒップホップは好きだ。
なんて人にはぜひ足を運んでもらいたいイベントになってます。

もちろん映画が好きな方は映画祭メインで楽しむのも良いかと思います!

ヒップホップイベントのチケット、まだあるようなのでお早めに!

前売りで2500円+1D(600円とのこと)、
これで映画とトークショーとライブ2組なのでお得。

<イベント詳細>

イベント名:「映画とラップの過去・現在・未来」

日時:2017/10/8(日) 19:00~22:30
(イベント受付開始時間 18:45~)

チケット詳細:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01m3frz3zdg6.html

イベントサイト:http://shimokitafilm.com/event/9thsff/rap

下北沢映画祭Twitter:https://twitter.com/shimokitafilm

 


<関連記事>

maco maretsが新曲”Summerluck”をリリース&MV公開! 夏の夕暮れに合う彼流のサマーアンセムは必聴!

 

”唾奇”の名を見ない日がない。最近の活動・リリースまとめ!

2017年上半期ベストソング20曲(唾奇, DYGL, toconoma,,,)

 


このサイトのTwitterアカウントもあるのでフォローよろしくお願いします
基本は音楽情報のリツイート、もちろん更新情報をツイートするので良ければ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です