kinz up

さとうもか×NF Zesshoによるコラボ音源リリース。kinz upレーベル初楽曲で今注目を集める二人のコラボ実現!

2020年3月25日、さとうもかとNF Zesshoによるシングル曲”empty dream”が配信リリースされた。
この曲は「Bringly up」というライブイベントの主催でもあるkinz up(カインズアップ)が新たな試みとしてレーベル業をスタートさせた第一弾の企画楽曲ともなっている。

↓配信URL一覧はこちらから
https://linkco.re/zDeuS7qH


“empty dream”はビートプロデュースをNF Zesshoが、作詞・作曲・歌をさとうもかが担当して製作された。

雨音のようなノイズに心地いいベースラインが映えるゆっくりめのビート、さとうもからしいメロディとコーラス、さらには切ないリリックが乗ってくるこの2人の良さがうまく重なり合った一曲となっている。

楽曲製作の企画(レーベル)はkinz upというwebメディアで、個人サイトでのアーティスト紹介やインタビュー記事を書くなどの活動をしてきた。

また”Bringly up”というライブイベントをこ現時点までに10回企画しており、過去出演者には唾奇やSTUTS、Lucky Kilimanjaroなど多様なアーティストがラインナップされているなど、良質なイベントの主催メディアとして出演アーティストやリスナーから支持されている。

Twitter @kinz up
https://twitter.com/kinz_up

なお2018年10月に開催された”Bringly up -vol.6-“と2020年2月に開催された”Bringly up -vol.10-“では”さとうもか”と”NF Zessho”が対バンで2度共演しているなど、以前より交流のあるチームでの製作となった。

今後は”empty dream”の配信リリースに合わせてリリースイベントやミュージックビデオの製作も企画中との事で、今後のアナウンスにも注目したい。

<クレジット>
さとうもか × NF Zessho – empty dream

Lyrics & Music : さとうもか
Produced : NF Zessho
Planning & Label : kinz up
Camera : 中山桜 @gyabonbon
Artwork design:shiho @s_hh_n
Distribution:Tunecore japan


empty dream (歌詞:さとうもか)

あなたの事 いつか消える
口づけの跡みたいだって思ってる
カラダの音 聞こえる距離
寝息の横 Silence cry
明日を もっと私
まともに生きれる自信ないよ Sickness
Won’t be long 気づいているから

empty dream
一緒に過ごす程 ひとりになるの 私たちは
empty dream
今にも壊れてしまいそう
But I want そんな夜でも

このルージュはシグナルじゃなくてサイン
都合よく解釈してよ もっと
Want this time to continue forever

empty dream
一緒に過ごす程 ひとりになるの 私たちは
empty dream
今にも壊れてしまいそう
But I want そんな夜でも

empty dream
今だけでいいから
ふたりでいようよ もう少しだけ
empty dream
覚めないで 嘘の優しさでいい
Cuz I know 今がエンドロール

↓配信URL一覧はこちらから
https://linkco.re/zDeuS7qH

関連記事

  1. kinz up

    kiki vivi lilyはテン年代音楽シーンの重要ピースで間違いなし!

    今年に入って名前を見る回数が圧倒的に増えた「kiki vivi lil…

  2. kinz up

    ceroファンが見たceroフェス、”traffic”簡易レポート

    「山の日」が今年から施行されて祝日になり、お盆休みの初日に当たった人も…

  3. kinz up

    kojipull、新曲のMVを公開!80年代J-POPも思い出させる切ない夏の恋の歌!

    大阪を中心に活躍するSSWのkojipullが、夏をテーマにした新曲「…

  4. kinz up

    プレイリスト 20160520

    自分が音楽にハマってから2年間の集大成です、個人的永久保存版…

  5. kinz up

    泉まくらの最新アルバム「アイデンティティー」が、ほとんど完成形である話

    9月7日にリリースされた1年半ぶりとなった泉まくらの最新アルバム、…

PAGE TOP