ペトロールズと、共に次世代を担うアーティストの共演!ペトロールズ、トリビュート発売記念イベント簡易レポート

ペトロールズと、共に次世代を担うアーティストの共演!ペトロールズ、トリビュート発売記念イベント簡易レポート

4月1日(土)に開催された、ペトロールズ初のトリビュートalbum

「where,who,it is Petroloz?」のrelease記念イベント

「where,who,it is Petroloz?LIVE PARTY in Shibuya WWW&WWWX」に行ってきました!

タイムテーブルはこんな感じ。

 

ひえー、見たいアーティスト被りまくり。笑

迷った末に、社長さんのDJ→PETROLZ→MONO NO AWARE→Rei→休憩を挟み、高岩俊樹と岩間遼→STUTS→Yogee New Waves(途中まで)とまわりました。

 

タイムテーブルも当日会場内での発表、そしてまさかのペトロールズが予想外のトップバッターということで(さすが、神出鬼没のペトロールズ。笑)

整理番号順の入場でしたが、WWWXの決して広くはないフロアに人が押し寄せる、押し寄せる!笑

 

入場後も社長さんのDJをBGMにステージ後方に写真がペトロールズの写真(アルバムの限定版に付いていたブックレットに掲載されていた写真も!)が映し出され、退屈せずに時間を過ごせました。

ペトロールズは、カバーアルバム収録曲抜きのキラーチューン少なめのセトリ。

1曲目はまだ音源化していない「かもね」、ドラムがそのまま残り、続いてボーカルと独特コーラスの掛け合いが印象的でミドルテンポでノリ易いNot in Serviceを。
さらに長岡が実験的で一番ペトロールズらしい曲と以前語っていたTalassaと続き、延々唸り続けるギターと不気味なほど綺麗に重なり合う三浦(ジャンボ)と河村(ボブ)のコーラスが観客を魅了していた。

 

MCでは、長岡『アルバム発売、おめでとうございます。何にもしてないのに出ちゃってごめんね~(笑)まさかこんなことになるとは!でも有難いし嬉しいことだね。あ、でも死んでないからね、後ろに遺影みたいの出てたけど(笑)まあさっさとやって他のアーティスト見ましょうね、みなさん!では、ペトローズでした~ありがとうございました!』と、自由奔放な人柄を感じさせるMC(笑)

 

ラスト2曲を続けて演奏、「闖入者(ちんにゅうしゃ)」ではベースソロの始まりに楽しそうな笑顔で、三浦を指さす長岡が微笑ましかった。
長岡の歌に合わせてギターと強めに歪んだベースが交互に入る「止まれ見よ」は、勢いがありラストナンバーに相応しい。
ラストサビ前、『♪ラーアーアーアーラーアーアーアーはい、みんなも歌って!笑』と長岡が楽し気に観客とコール&レスポンスする場面も!

 

曲数は少なかったけれど登場から歓声が上がり、曲目から確実に観客の心を物にしたペトロールズ。
技術や華はもちろんだが、何と言っても「音楽を仲間と共に楽しんでやる」姿勢を全身で体現しているのが彼らの魅力だ、と確信した。
また長岡の自由奔放な人柄がギタープレイや歌にも出ていてその自由さが清々しいが、決して自分勝手な自由さではなく人とうまく調和している自由さで、だからこそペトロールズも長岡自身も多くのアーティストに慕われ信頼され、活動の幅も広いのだなと感じた。

 

 

その後すぐにWWWへ移動。
Xとの兼ね合いで上手く時間をずらしているのか、幸運なことにまだ始まっておらず。
人も少なかったため最前列でMONO NO AWAREを堪能!

昨年フジロックに出演し、くるりの岸田繁も気になるアーティストとして名前を挙げておいるが、まだまだ無名の彼ら。
『モ・ノ・ノ・ア・ワ・レです。』というMCから「井戸育ち」が爽やかで疾走感のあるイントロでスタート!
サビの「♪東京育ちのあの子は ~略~ 届いた絵葉書には 高揚を誘う景色が~」という歌詞とメロディが相まって余計にエモーショナル。
歌詞は響きなどで言葉を選んで組み合わせており、深い意味はないそうなのだが、1人地元を離れ暮らす若者の心情を歌っているように思え目頭が熱くなった。

 

次に「♪クックドゥドゥルドゥー」の歌詞で始まる「マンマミーア!」
印象的すぎる歌詞を連発したあと、「♪もういいどうにでもなる気がする」を4人でコーラス、長めの間奏の後とどめの「♪2段熟カレー(ジャワカレー)」・・・。ジャワカレーは原曲にはない、おまけ(笑)!
確かに、特にこの曲の歌詞は意味がわからないですね(笑)

 

2曲が終わり、MC。『MONO NO AWAREというバンドです。今回は僕がレコーディングに遅刻しちゃってアルバムには参加してないんですけど、カバーはさせていただいています。今後何らかの形にして発表しようと思ってます。ではその曲をやります。』
会場が少しざわつく中ペトロールズの「インサイダー」をカバー。

 

『4月28日にalbumリリースを記念したライブを渋谷でやります。ではあと1曲×3やって帰ります。モノノアワレでしたー。』とMCし「明日晴れたら」「駈け落ち」「イワンコッチャナイ」と一気に3曲。
「明日晴れたら」「駈け落ち」では激しいテンポの部分も多く、そこでは柳澤(Dr.)がドラムセットが大きく揺れてしまうくらい激しいドラミングをし、竹田(Ba.)も女性ながらにボブヘアーを振り乱しながら演奏。
ラストナンバー、シングル化もされている「イワンコッチャナイ」では愉快なイントロに合わせて玉置(Gt.vo)がギターを横に持ち変わった動きをし(笑)、誰が聴いても耳にこびりついて離れないサビの「♪イワンコッチャナ~イ」でさらに観客にMONO NO AWAREというバンドを刻み込み、ライブは終了。

 

サウンドはギター、ベース、ドラムとも複雑なのに、ボーカルは気怠そうに歌うからそのバランスが気持ちよくて、何度も聴きたくなってしまう。
またメンバーは全体的に若いのだろうが、Gt.vo玉置のなんとも変人的なキャラクター(笑)と昭和モダンな服装がアンバランスでそこも面白い。
早めにまたLIVEを見たいバンドだ。

 

 

WWWの方では、アーティスト間で司会者が登場したり、X同様にスクリーンがあるのだが写真以外にも、
「ペトロールズとはどんなバンド?」という問いに対し関わりのあるアーティスト(トリビュート参加、ライブ出演者以外にもOKAMOTO`sやRADWIMPSなど)が答えているビデオレターが放送されたりともう一方の会場とは少し違う雰囲気であった。

 

次のReiは他では見られない特別編成でのLIVEであった。
ペトロールズのカバー「表現」では呂布とのコラボ、長岡がプロデュースしたアルバム『BLU』からの1曲は呂布とSANABAGUN.高橋(Trp.)との豪華コラボ。
海外アーティストから多く影響を受けた彼女ならではの日本人離れしたギタープレイ、そして表現力の高い歌声で観客を圧倒した。

 

SANABAGUN.高岩と岩間は、漫才コンビの様なMCで観客を楽しませ、
STUTSは丁寧に「STUTSです。今からこのパットを叩いて自分の作った曲を演奏します。」とMC、彼の全力でパットを叩く姿から音楽への熱量の凄さが伝わってきた。

 

大トリはWWWXでYogee New Waves。
「こんばんは、Yogee New Wavesです」1曲目「Good Bye」からお尻をフリフリ、声を高らかに歌い、音楽と一体になって歌い踊る角舘(Gt.Vo)。
「あー久々に弦切っちゃったよ!」と言うと長岡愛用のギター、フライングVが手渡されるなどの嬉しいハプニングも!!!

 

 

Yogeeの途中で帰路についてしまいましたが、本当にいい夜でした。

ペトロールズというバンドの魅力、ファンからもアーティストからも愛されているか、再確認したイベント。

それと同時にアルバムのリリース記念イベントでありながら、ペトロールズやSOIL&”PIMP”SESSIONSの社長などの大御所アーティストと、

MONO NO AWARE、Yogee New Waves、LUCKY TAPESなど若手バンドとの共演が実現したイベントであり、客層はペトロールズのファンが多いように思いましたが、

それらの人々にも若手バンドの存在と魅力を知ってもらうことのできた、とても意義のあるイベントだったのではないかと感じました。

 

【関連リンク】

《PETROLZ公式ページ》
http://www.petrolz.jp/

《「where,who,it is Petroloz?」特設サイト》
http://www.jvcmusic.co.jp/park-petrolz/

《MONO NO AWAEW Twitter》
 https://twitter.com/mono_no_aware_

《Rei公式ページ》
 http://guitarei.com/?lang=ja

《Yogee New Waves公式ページ》

http://yogeenewwaves.tokyo/


【関連記事】

MONO NO AWAREのリリースパーティー詳細発表!4月28日@O-nest

会心の、渾身の1stアルバム。歌詞から見るMONO NO AWAREのヤバさ。

【MV紹介シリーズ #7】 me to me/ MONO NO AWARE

オマケのイベント ライブレポート! #omakeclub

 


このサイトはTwitterアカウントもあります。
基本は音楽情報のリツイート、もちろん更新情報をツイートするのでよかったらフォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です