kinz up

【歌詞掲載】大比良瑞希の3ヶ月連続配信リリースを歌詞を見ながら聞き直し!【Real Love】【アロエの花】【見えない糸 ~NBTLO~ 】

2015年の「Sunday Monday」MV公開で一気に名を知らしめた後
LUCKY TAPESやtofubeats、小林うてな、Awesome City Club、Alfred Beach Sandal+STUTSなど様々なアーティストとコラボ・コーラス参加を手がけるなど、
今の音楽シーンの中で間違いなく最重要な女性アーティストの一人である大比良瑞希。

2017年の8月からは9月、10月と3ヶ月連続で新曲を配信限定でリリースして話題と注目を集めたが
3曲とも編曲を担当した伊藤修平をはじめとした成熟してきたバンドメンバーとの演奏、曲構成は当然のこと

やはり彼女の楽曲の最大の魅力はその歌声と、歌う歌詞にあるな。と再確認出来る3曲だったと個人的に思った。

そこで気になったのが歌っている正確な歌詞だけど、デジタル配信リリースの弊害ともいえる歌詞の未掲載が多い最近、大比良瑞希の3曲もネットには公開されておらず。。

彼女の歌声的にも聞き取りづらいわけでは無いけど、どうしても正確な歌詞が知りたい。そして多くの人に知って欲しい。という思いから本人にお願いし快諾をいただけました、ありがとうございます!

ぜひ今一度歌詞を追いながら聞いて、曲の世界観も広げつつ彼女の歌声に魅了されてみませんか!

 

1)Real Love / 8月16日配信開始

 

2)アロエの花 / 9月20日配信開始

 

3)見えない糸 ~Never be the lonely one~  / 10月26日配信開始

 

real soundさんのインタビューも必見です。まだの方は是非。

http://realsound.jp/2017/10/post-121705.html

 

<公式サイト>

http://ohiramizuki.com/index.html/index.html

<Twitter>

https://twitter.com/mimimizukin

 


以下、筆者感想。

「Real Love」はアップテンポな、ハネるようなギターがイントロから印象的で、サビではストリングスがアクセント入れつつ、1番サビ後と2番サビ前に来るベースソロも注目部分。

終盤はキーボードソロもあるなどバンド的なグルーブが出るすごいノリやすいライブで揺れられる曲かなという印象。

歌詞では
「会いたいと言って 私より先
君のためなら ピュアになれそう」の部分が最高に好き。

大比良さんの曲の中で一番ライブで盛りあがれる曲だと思います。ぜひとも歌詞を頭に入れつつ現場でまた聞きたい!

 

2曲目「アロエの花」は今回の3曲で1番好きな曲。

いわゆるミドルテンポのバラードということで、聞かせるように歌い上げる歌詞がストーリー的になっていて魅力的。

勝手な解釈ですが、
歌詞の1行目「合言葉は~」で恋人との楽しかった時代を表現してて、
2行目「君と買ったアロエにもう少しで初めて見る赤い花が咲きそう」。

調べたんですけどアロエを自宅栽培で花を咲かせるのは珍しいことだそう。
1行目『あの頃』に一緒に買ったアロエに、何年か経って初めて花が咲きそうだと言うところを見つけて、楽しかった当時を思い出すような情景が見えてきて、もう2行で泣きそうです。

ただ、サビでは「方耳ずつ聞いたメロディ」を「久しぶりに口ずさ」んだら「追い風に背を押され」たとあり(最後のサビでは「悩みも消えていきそう」とも)
決してその人との色々が悪かったことじゃなくて、逆に次会う事がある時にはしっかりした自分であるために頑張らなきゃ。と気合を入れなおしている様が読み取れて最高に元気をもらえました。

ラストサビでは弾き語りアカペラからのバンド全員での大サビっていう曲構成も歌詞とのストーリーに合ってて、本当にこの曲はお気に入りです。

大比良さんの狙った意味合いとは違うかもしれません(笑) ただの深読みかも知れませんがご愛嬌で。。

 

3曲目「見えない糸 ~NBTLO~」では「君が寝てから 背中にそっと 指で描くの 特別な地図」の部分が歌詞も歌声も最高に好きなパート。

裏声というのかファルセットというのか、太比良さんの高音シングはホントに引き込まれるし聞きやすいし最高ですね。

歌詞の流れとして、序盤では「だから惹かれたはず」、「嵐の中にいるのが空きなのか疲れたのか I dont know」、「どうしようもない感情はどこから来るのでしょう」、「夢の続きも~星がさらって」などなど不安がっている表現が多い印象。

だけどそこでサビでの返し「私が守るよ 一番好きなあなた」
そこからnever be the lonly oneの繰り返し、そして最後大サビをリピート。

大サビに向かってはバンドの盛り上がりも手伝って、これからに向けての希望を与えてくれるような、一緒に歩いていこうと寄り添っていてくれてるような印象を受けました。

これまでの大比良さんの活動の一つもターニングポイントとなり、そして3ヶ月連続リリースというイベントを締めくくるにすばらしい一曲だとひしひし思った次第です。

 


以上です、長々と個人的な見解で失礼しました。

ぜひぜひ歌詞の深読みもしつつ、太比良さんの歌声と実力の有り余るメンバーによるサウンドを楽しみましょう。
今後のライブやリリースにも注目ですね!

【Musicians (アロエの花)】

大比良瑞希: Vocal , ElectricGuitar
井上惇志: Keyboard
越智俊介: Bass , BackingVocal
櫃田良輔: Drums
めかる、須原杏: Violin
河村泉: Viola
伊藤修平: Cello , Bac

 


<関連記事>

大比良瑞希が待望の新曲を発表!3か月連続での配信リリース、第1弾”Real Love”が今日から配信開始!

【MV紹介シリーズ #8】 Sunday Monday / 大比良瑞希

 


このサイトのTwitterアカウントもあるのでフォローよろしくお願いします
基本は音楽情報のリツイート、もちろん更新情報をツイートするので良ければ!


”唾奇”の名を見ない日がない。最近の活動・リリースまとめ!(2017年8月)前のページ

Sweet Williamが1年ぶりとなるEP”Blue”リリース!唾奇やkiki vivi lilyとの新曲も!次のページ

関連記事

  1. kinz up

    会心の、渾身の1stアルバム。歌詞から見るMONO NO AWAREのヤバさ。

    2017年のベストアルバムTOP10、いやTOP5には入るであろう傑作…

  2. kinz up

    2017年ベストソングTOP9!

    いよいよ2017年も残りわずか。今年もこの企画は欠かせないですね!…

  3. kinz up

    ソロガールラッパー MCpero を知るべき

    みなさんはMCperoをご存知でしょうか?知ってる人は相当耳の早い…

  4. kinz up

    ceroファンが見たceroフェス、”traffic”簡易レポート

    「山の日」が今年から施行されて祝日になり、お盆休みの初日に当たった人も…

  5. kinz up

    “唾奇×Sweet William”から広げるグッドなアーティストたち ~唾…

    地元・仲間をつづった生(ナマ)のリリック、見るものを圧倒するライブパフ…

PAGE TOP