kinz up

2018年のブレイク絶対!3rdアルバム「CURE」をリリースしたNF Zesshoを激チェック!

“Jet Pilot”も収録された2ndアルバム 『Beyond the MoonShine』以来、2年半ぶりの3rd アルバム『CURE』を2018年4月25日にリリースした福岡を拠点に活動するNF Zessho(エヌエフゼッショー)

Sweet Williamの客演参加の曲などから知って、陰ながらチェックしてた彼が満を持してリリースした今作、間違いなく2018年をハイライトする傑作です!


客演、ゲストプロデューサーには唾奇、Sweet William、Yoshinuma、サトウユウヤ、RAITAMEN、lee、Arμ-2そしてShintaro Kuniedaという布陣が揃っていて間違いなし。

16の収録曲も2部構成のような形になっていて、Side:B(M1-M9)はイントロからSkitも挟みつつ、
NF Zesshoによるプロデューストラック&ラップの9曲という一つの完成されたソロアルバムの編成になってます。

アニメやドラマからのセリフ引用?なども織り交ぜつつ、9曲を通した一つのアルバムストーリーがパッキングされていて、
NF Zesshoの世界観に惹きこまれつつラップのカッコよさに何度もリピートしてしまうほど完成度が高すぎる。

特にM4の”Unlade”は少し歌モノっぽい感じもあって個人的に大好きなので是非。

 

一方でSide:A(M10-M16)は先ほど名前を並べた客演陣とのコラボ曲が並んでいて

特に先行で配信された”Jenny Gump feat.サトウユウヤ”と
すでにNF Zesshoの代表曲の1つでもある”Inner Child”のビートに唾奇がバースをキックしているアルバムラストソング”Wonder Child feat.唾奇”は格別ですね。

唾奇はNF Zesshoのバースにアンサー返しまくってる感じがして最高でした。聴いてくれ!

↓サンクラ再生時は音量注意ください↓
*こちらはInner Childです、feat.唾奇のWonder Childはapple Musicなどで!

『CURE』は各種配信サービスでも配信されているのでCD買ってないよって人もアルバム通して聞いてほしいです。
ちなみにApple Musicでは歌詞も表示されるとのコトなので、リリックを追いつつ聞くと100倍は楽しめます。

ただ今回CDにも歌詞カードが入ってない代わりに、公式に歌詞が公開されているのでCDで取り込んだ人もこちらからチェック忘れずに。

さらに特典代わりとして、昨年リリースした限定MIX TAPE『Cheap Tricks』から”I Think”のRemix版をダウンロード可能な状態でサンクラに公開!

この曲はライブでも披露してくれる曲だし、なによりラストのリリック

「殺し以外なら飾りだろ前科
逸れた道も人次第でセンター
幻覚からのGet back
巷じゃFuckなラップが今定番
ファッションや女 チェーン 車 ドラッグ
金とか暴力よりもまず音楽」

が最高すぎるのでぜひビート上で聞いてほしいです。

ちなみにこのライン、曲では淡々とラップしてる感じだけど、
ライブになるとNF Zesshoが凄い熱をもってキックしてくれるので現場で聴くのをオススメ。

僕もビビるくらい食らったし、フロアからもシャウト起きててヤバいなと思いました。カッコ良すぎ。

 

ちなみに、この2018年GW連休で3度NF Zesshoのライブを見ることが出来ました。

at 恵比寿BATICAにてサトウユウヤの客演で”Jenny Gump”を(下ツイート動画)
at 渋谷Familyの自身リリースパーティーでは当然フルライブ、
それからat 渋谷VISIONでyouheyheyのDJタイムに飛び込みライブ。

 

全部見たけど全部最高。引き合いに出すのもアレですが、一年近く前にライブを見た唾奇と同じ熱量とカッコ良さを感じました。

今回のアルバムの完成度もそうだし、今年ブレイクしないと嘘だと思います。
MCで「福岡じゃ平日に数人の前でしかライブやらない」って言ってたけど年末には都内ライブももっと増えて絶対パンパンになってると思う。

今年のNF Zesshoのこれから、要チェックしていきましょう!

 

読んだ頂けたらリツイートなど拡散協力お願いします!↓

最後に言うだけならタダという事で、次回の”Bringly up“には絶対誘うぞという気持ち。ご縁がありますように。

『CURE』購入↓
http://manhattanrecords.jp/CURE/product/0/4560230527440/

<NF Zessho代表曲>

 


<関連記事>

“唾奇×Sweet William”から広げるグッドなアーティストたち ~Sweet William 編~

“唾奇×Sweet William”から広げるグッドなアーティストたち ~唾奇 編~


このサイトのTwitterアカウントもあるのでフォローよろしくお願いします
基本は音楽情報のリツイート、もちろん更新情報をツイートするので良ければ!


関連記事

  1. kinz up

    【インタビュー】3rdアルバムリリースを控えるtoconoma、圧巻のライブアクトはどう生まれている…

    「おススメのインストバンドは?」なんて聞かれたら間違いなく即答で「to…

  2. kinz up

    “唾奇×Sweet William”から広げるグッドなアーティストたち ~唾…

    地元・仲間をつづった生(ナマ)のリリック、見るものを圧倒するライブパフ…

  3. kinz up

    2017年ベストソングTOP9!

    いよいよ2017年も残りわずか。今年もこの企画は欠かせないですね!…

  4. kinz up

    会心の、渾身の1stアルバム。歌詞から見るMONO NO AWAREのヤバさ。

    2017年のベストアルバムTOP10、いやTOP5には入るであろう傑作…

  5. kinz up

    RyohuのEP”Blur”リリースパーティーが開催、そのサポートメンバーが…

    閃光ライオット2009で話題になったズットスレテルズや16人組のヒップ…

  6. kinz up

    2017年上半期ベストソング20曲(唾奇, DYGL, toconoma,,,)

    2017年も半分が過ぎ、みなさんも良い音楽にたくさん出会えたことかと思…

PAGE TOP