頂フェス2016 2日目/まとめ

頂フェス2016 2日目/まとめ

これを書いてるのは頂から帰ってきての火曜日です、すこし思い出しながら最高のキャンプフェスだった頂 -ITADAKI-2016について書きます

良ければ1日目のこちらの記事を先にどうぞ
頂フェス2016 1日目

さて1日目の寝るときに降っていた雨も朝方には小雨になって、起きて行動開始し始めた10時頃にはほとんどやんでいました

それからサンドイッチをガスバーナーで焼いて朝食を済ませてテントを撤収し、いよいよ2日目のステージへ

2日目見ようと思ってたアーティストは
ペトロールズ
大橋トリオ
くるり
原田郁子 from クラムボン

1465324296991

正直前日のあのラインナップに比べたら2日目はちょっと弱かったかな?当日券も日曜は余ってたみたいだし

と、まぁこの日のお目当てはもっぱらペトロールズ✨

昼食を済ませて13:50からのライブ、
何度見ても長岡さんはカッコ良すぎる、エロい

4月末にceroとの対バンで見たときと似たようなセトリだったけど
1曲目のnot in serviceからもう引き込まれるしかなかった。

ギターはもちろんのこと甘い歌声に歌詞に、他のメンバーも無名らしいけど
これがスリーピースかと疑うくらいの厚い演奏でした

文句なし2日目のベストアクト✨

それからすこし離れてイスに座りながら在日ファンクを遠目に聞いて
また大橋トリオを見にステージ前へ

聞きたかったのは、映画グッドストライプスの主題歌にもなってる「めくるめく僕らの出会い」だったのだけど、
バンドセットだったしやりませんでした、残念

聞いたことある曲はなかったんだけど、良い音楽に太陽も顔を覗かせてきて気持ちよかった💮
1465324320634

それからくるりのステージ👏
有名なのは間違いないし名前も良く聞いてたけど今まで全然通ってこなかったアーティスト

ライブを見てみると、良い意味で王道なロックバンドだなという印象
有名どころでやってくれた曲の中では、ハイウェイという曲が好きでした

そして最後の一曲として新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」という曲をやってくれたのだけど
イントロから星野源を思わせるブラックミュージック調でボーカルもラップ。
おっ、と思ったところで5lackすらも思い出させる型にとらわれてないラップでサビまで進んで、サビでは観客を全員ノせるようなキャッチーなメロディ

王道ロックバンドだと思ってたのに最近のトレンドをちゃんと入れてきてかなり良いな と思いました
7/6にこの曲の入ったアルバムが出るみたいなので要チェックです

そして原田郁子のソロピアノセット、
もっとクラムボンのカバーを聞きたかった自分としては物足りなかったかな
雰囲気と良い、音楽の曲調と良いこれも良い意味で眠りに誘われる演奏でした、素晴らしかった

そんなこんなで2日間で多くのアーティストを見れて、キャンプも楽しめた最高のフェス、頂2016

音楽的な収穫としてはハンバートハンバートがめちゃくちゃに良いってコトが知れたのと

くるりの新曲が要チェックだということ
7/6発売要チェック✋

フェスとしても、ステージが横に2つ並べてあるタイプで、片方で演奏してる間に転換を済ませていて
スケジュールが完全にon timeで進んでいったのがすごい好印象でした

ご飯も美味しくて、時期的にも最高で、トイレも水洗でキレイだったし、ボランティアスタッフも楽しそうに接してくれて良かった🙆

また来年も絶対行きたいと思えるフェスでした!頂を作っていたスタッフ皆さんありがとう!
rakugaki_20160608031511356

↓この記事を書いた人の紹介

CURATORS:ぐっち