kinz up

泉まくらの最新アルバム「アイデンティティー」が、ほとんど完成形である話

9月7日にリリースされた1年半ぶりとなった泉まくらの最新アルバム、
満を持してリリースした集大成とも感じられる「アイデンティティー」がなかなかにやばい。

まずはアルバム発売に先行して公開されたセルフネームタイトルともとれる「枕」のMVを見てほしい、良すぎる。

 

 

今年に入ってからOMAKE CLUBを知って、その流れでMCperoとかchelmicoとか
Zombie-Changとかラブリーサマーちゃんとか、
今メジャーになってきてるDAOKOなどなど女性ラッパーも多く聞いてきたけど

この泉まくらのアルバムは一つ頭抜けてるな、と思わされた。
決して彼女たちが微妙とか言うわけではなくて今回のリリースはそれほどに良いということを伝えたい。

 

トラックを作ってるのはnagacoっていう昔から泉まくらの良作を提供してるプロデューサーで
泉まくらのリリース作品としては珍しく?、1つのアルバム通して同一プロデューサーということで
アルバム通して聞いたときに統一感があってそれもまた良いね。

 

 

3か月前にmaco maretsを初めて聞いた時の こんな人が出てきたのか! って衝撃とまた違う、
2年以上前から知ってたアーティストが ここまで来てたのか。。 っていう嬉しすぎる衝撃を受けました、泣いた。

 

このアルバムに限った話ではないけど、このアルバムは1曲目から通して聞くべき作品だと思う。

#1のインストでイントロダクション

#2,3,4は従来通りの泉まくらっぽさ前面のトラック

#5でスキットを入れて

#6でリードトラックの「枕」

#7にアカペラを歌い上げて

#8で先行EPとしてもリリースした「P.S.」

#9で一転して暗さもありながら明るさも感じる転換曲のような

#10で語りべ

#11でエンディング

なんとなくストーリーがあってスゴイ聞きやすいし、また1曲目から通して聞きたくなる。

 

ちょうど9/22の今日、アルバムダイジェストがyoutubeにアップされたのでそれを聞いてみて
良いじゃん と思ったらぜひともアルバムを購入して聞くことをお勧めします

 

今回のリリースで1つの到達点、完成形を示してくれた泉まくら(prod,magaco)
これからの活動もしっかりチェックしていかないと!

(個人的に泉まくらは福岡在住ってこともあって、隣県出身の自分は親近感もあってさらにラブです。)

_________________________________

アイデンティティー / 泉まくら
2016.9.7 release
cnshmymuaaa3y27-528x528
01: 時は交差して
02: 通学路
03: かげろう
04: ヒロイン
05: 宣誓
06: 枕
07: ひとりごと
08: P.S.
09: 日々にゆられて
10: 才能
11: さよなら、青春

術の穴公式サイト:http://subenoana.net/archives/5811

_________________________________

この記事、サイトについてもしちょっとでも良いなと思ってもらえたならRT下さい!↓

サイトのTwitterアカウントあるのでフォローよろしくお願いします
基本は音楽情報のリツイート、もちろん更新情報をツイートするのでぜひ!



この記事を書いた人の紹介ページ↓

__________________________________

<関連記事(似た系統のアーティスト、記事内で名前を出したアーティスト)>

関連記事

  1. kinz up

    2017年のビッグアンセム。 エーデルワイス feat. MCpero / UKR【歌詞掲載】

    OMAKE CLUBからアルバムをリリースしたUKRレーベルメイト…

  2. kinz up

    【メンバーコメント掲載】JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBの2ndアルバム詳細公…

    今一番注目を集めるヒップホップクルー、JABBA DA HUTT FO…

  3. kinz up

    踊れる!親しみやすいエレポップバンド、Lucky Kilimanjaro

    先日のkinz up企画イベント「Bringly up -vol.1-…

  4. kinz up

    アングラ発の弱冠20歳!maco maretsがオシャレでカッコ良すぎる!

    また1人音楽シーンに天才が、その名はmaco marets (マコ マ…

  5. kinz up

    docomoのCMソングとして話題の5lackの新曲「東京」がカッコよすぎる!7inchのリリースも…

    今や知らぬ人のいないヒップホップ界のアイコンとなった5lack、最…

  6. kinz up

    会心の、渾身の1stアルバム。歌詞から見るMONO NO AWAREのヤバさ。

    2017年のベストアルバムTOP10、いやTOP5には入るであろう傑作…

PAGE TOP