Bringly up -vol.7- 出演者紹介

2019年3月2日はBringly up -vol.7-が開催されます!
全出演者も解禁して最高なフライヤーも上がったところで、簡単に出演者を紹介させて頂きます!音源チェックをe+チケット確保はよろしくお願いします!

イベント詳細ページ↓
http://and-make.com/bringlyup7/

e+↓
https://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002281499P0030001


CBS &Chicken Is NiceはCBSのバンドセット出演時の名称、個人的には生演奏が好きなのでバンドセットで出てくれることになって嬉しいです。
またPistachio Studioというのは、バカっぽく言うと音楽やってる人たちの集団で、現在は12人所属しているとのこと。その中にCBSがいて、Chicken Is Niceをやってるバンドメンバーがいて、chelmicoの製作によくかかわってたりするESME MORIや%Cらが所属しているワケですね。
バンド編成の動画はyoutubeにたくさん上がっているし、SoundCloudに上がってる”丘”とMVも上がってる”Stay Up All Night”は良すぎるのでとりあえず一聴お願いします!

chelmicoの鈴木真海子らとの交流も深いので共演してる動画も上がってたり、Pistachio Studioの中の歌詞に”CBSのyes”なんて出てきたり。
Bringly upにも遊び来て欲しいなぁ、っていうのは完全に独り言です。 chelmicoファンの方も今回のイベントには是非!
Pistachio Studioが製作に関わっている曲をまとめたプレイリストが正式に作られていました!こちらもチェックしときましょう


hokuto×noshはビートライブでの出演!正直hokutoソロのビートライブも見たことが無いので未知数なところは多いです。タイムテーブル公開まだですがトップバッターで決まってますので18時15分には会場内へ、お願いします!Soundcloudにはダブルネームの曲も上がってるのでこちらは是非チェックを。

それから僕が把握してる中でのnosh提供ビートで一番有名なのはKID FRESINOのTurn feat.JJJですね。
masteredさんのこのインタビューでも名前が出てきますし、是非読んでみてほしいです。
https://mastered.jp/feature/io-x-kidfresino/

hokutoは唾奇への提供,Reebokとのコラボの曲(下の動画)やバックDJの活動をはじめとして 、BESやMU-TONへの各所へのビートプロデュース最高でした。
hokuto×noshは協同EPを製作中との事なのでイベントが早いかリリースが早いか。そこにも注目したいところ。そもそもhokutoのビートライブが見れるのも滅多にないと思うのでこの機会を逃さないで欲しいです!


NF Zesshoは前回のvol.6から連続での出演となりますが、前回のvol.6でのアクトがやっぱりヤバすぎて、初めてライブを見た人も音源聞き込んできた人も全員がカッコ良いと感想言ってました。
今回はvol.6と少し違って全員ヒップホップ寄せの出演者となってますので、また一味違う感じでブチかましてくれると思います!
今、現場でステージングを見て欲しい人No.1!SoundCloudにしかアップされてない最高な曲もいっぱいあるのでチェック忘れは無いように。

もちろん唾奇とのコラボ曲”Wonder Child”は聞き込んでからきてくださいね。(やるかどうかは本当にまだ分かりません、、)
kinz upとしてはEPリリースに合わせたNF Zesshoへの独占インタビューもこの秋にやらせてもらってるのでそちらもチェック漏れてる方は是非です。↓
http://and-make.com/nfzessho_interview_201809-1/


glitsmotelもvol.5以来2度目の出演。HANGは二度目、唾奇は”唾奇×Sweet William”名義で出演してもらったvol.3のと合わせて三度目です!
インスタで #bringlyup で検索するとめちゃくちゃglitsmotelの動画が出てくるあたりも人気とライブの最高さが伝わります。ぜひタグで飛んで前回の様子チェックしてください。
あまり後方から撮られた動画は無いですけど、フロアの中央から後方はスペースたっぷりな、ゆったり見たい人はそれが出来る空間になってます。
唾奇もMCで「今日はスペースあるんで踊ってくれ」みたいな事言ってくれてました!

りんご音楽祭にも出演してそばステージをパンパンにした2人が120人規模の前でやる事なんてもう少なくなってきてると思います。
唾奇はワンマンのときだったか「小さめの箱の方が好き」みたいな事も言ってたけど、この距離感でのライブは絶対に見に来て欲しいです!
glitsmotelもHANGも去年からアルバムリリースをほのめかしている所があるので新譜にも期待が高まりますね。


出演者紹介はここまで、もし今回のイベントで初めて知った出演者がいればもっとディグって見てください!

それから告知の端々で言ってますが改めて、本イベントは渋谷LUSHという200人強のキャパを持つライブハウスで、120人のお客さんしか入れずに、デイイベントで、NO DJでやらせてもらいます。(あと開園時間5分遅らせたりとかも嫌いなので18:15きっかりに暗転してスタートさせます。余裕を持った入場をお願いします。)

客入り少なくしてる分チケットが4400円と少し高めにはなっていますが、当然200枚チケット出して2600円設定にしたらそれこそ皆さん来てくれると思います。ただBringly upはそういうイベントではないので、そこに共感して、音楽にお金と時間を使う人が遊びに来てくれたら嬉しいです。

ゆったりと、遊びに来て下さい!お待ちしています!

PAGE TOP