kinz up

docomoのCMソングとして話題の5lackの新曲「東京」がカッコよすぎる!7inchのリリースも!

2020.01.11 追記編集しました


今や知らぬ人のいないヒップホップ界のアイコンとなった5lack、
最近(記事投稿 2016年11月)ではkojoeとの恋愛がテーマの曲や、illion a.k.a. RADWIMPS野田洋次郎とコラボするなど
精力的な活動を続けている。

そんな5lackがdocomoのオリンピック特別CMにも起用されている新曲を7インチとしてのリリース決定!

CMソングとして採用されたこと、ワンマンライブで披露したことなどはTwitterなどで見て知っていたけど、

なんとiTunesでリリースされているのはおろか
spotifyなどでもFull Versionが聞くことが出来るようになっていた。。

iTunesでのリリースは10/26だって言うんだから全然気づかなかった自分を呪いたい。
そもそもS.N.S上で話題になってなさすぎるのでは。。?
それとも一過性の波はあったけど過ぎ去った・・・??いやそれはないでしょ。

サウンドクラウド ダイジェストver

spotify Full version

本当に最高の曲に仕上がっているこの「東京」というオリンピックをテーマにおいた一曲。

これも僕の知識不足で申し訳ないのだけど「Silent poets」という有名すぎる大御所と一緒に作っているのだそう。

経歴だけ見てもヤバいですねこの人。
知らないだけでいろんな曲に携わっているんだろうな。。

・Michiharu Shimoda / SILENT POETS :
1992年のデビュー以来、メランコリックなDUBサンウドを基調に寡作ながらマイペースに音楽活動を続ける。
2000年にはフランスのYellow Productionよりヨーロッパ全域にアルバムがリリースされ、現在までに日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなどで40作品を超えるコンピレーション・アルバムに楽曲が収録されている。
2013年、自身のレーベル ANOTHER TRIPを設立。
2016年、NTTドコモStyle20’のCMソング「東京」(feat.5lack)で ACC (日本CM放送連盟)クラフト賞サウンドデザインを受賞。また、同時にアート・ディレクター、グラフィック・デザイナーの一面も持ち、SILENT POETSの作品のデザインは勿論、音楽関連から本の装丁、アパレルではadidas、SOPHNET.、FCRB等のグラフィックを担当した経歴を持つ。
http://silentpoets.net/

 

それとは別に僕でも分かる部分だと、toeのドラムをやっている柏倉隆史も参加しているとのこと。
最初のギターでtoeっぽいなぁと思ったけど確かにドラムもカッコよすぎる

この曲を聞いて思ったのは「東京オリンピック世代」は何もアスリートだけじゃないんだな、と。
5lackがこの時代に生きててくれて最高。

あとdocomoの偉い人もスゴイ。
数十年に1度の自国オリンピックの特別CMに
perfumeじゃなく、椎名林檎じゃなく、星野源などでもなく
ヒップホップ系でしかも5lackをセレクトするそのセンス。脱帽です。

そしてこの「東京」が7インチとしてリリースされることが発表!
ちなみにB面の[DUB version]もspotifyで聞けるけどこれもまた最高。

これは買うしかない。。
僕が生きてる間で見ても東京オリンピックがあと1回開催されるかどうかってレベルのはず。

そんな時代に5lackの最高すぎる曲が7inchで永遠に形として残せるこんな機会を逃すなんてありえない
と、僕は思いました。もちろん即刻予約したところです。

みなさんも是非!これだけは100%でお勧めします!
レコードプレーヤー持ってないなんて人も買っておくべき1アイテム!!

*(追記)販売終了となった模様です↓

これを聞きながらあと3年ちょっと、待ちわびましょう!東京オリンピック!

_____________________________

サイトのTwitterアカウント、逐次更新しているApple Musicプレイ率祖もあるので是非フォローよろしくお願いします!


🍎Music
https://music.apple.com/jp/playlist/kinz-up-playlist/pl.u-WaNYsWrvzA6

見た目はガソスタのお兄さん!謎の脱力系ラップ集団 Enjoy Music Club前のページ

【MV紹介シリーズ #8】 Sunday Monday / 大比良瑞希次のページ

関連記事

  1. kinz up

    2016年ベストソング20曲!(11位~20位編)

    さぁ、いよいよ2016年も12月ですね。個人的にkinz up…

  2. kinz up

    会心の、渾身の1stアルバム。歌詞から見るMONO NO AWAREのヤバさ。

    2017年のベストアルバムTOP10、いやTOP5には入るであろう傑作…

  3. kinz up

    2018年ピックアップ10作

    2018年もお世話になりました!今年はBringly upの…

  4. kinz up

    今一番アツいラップチーム、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB

    耳の早いリスナーにはもう届いてるはず、JABBA DA HUTT FO…

  5. kinz up

    泉まくらの最新アルバム「アイデンティティー」が、ほとんど完成形である話

    9月7日にリリースされた1年半ぶりとなった泉まくらの最新アルバム、…

PAGE TOP