2017年上半期ベストソング20曲(唾奇, DYGL, toconoma,,,)

2017年上半期ベストソング20曲(唾奇, DYGL, toconoma,,,)

2017年も半分が過ぎ、みなさんも良い音楽にたくさん出会えたことかと思います!

これでも音楽メディアを名乗っているものとして、ベストソングセレクトやらせていただきます!
去年は半期ごと10曲で年間20曲を選んだんですが今年は半期ごとにも20曲紹介します!


ぜひ去年のkinz up的ベストソングもこの機会に再度チェックください。

2016年ベストソング20曲!(1位~10位編)

 


20~11位まで一挙羅列!10~6位は一言コメント、5位以上に少しコメント!

では早速いきましょう!

 

20位:Eazy Breezy / KID FRESINO


19位:Good Enough(feat.kiki vivi lily) / 唾奇×Sweet William


18位:STAY GOLD,LIFE GOES ON / JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB


17位:あかり feat.泉まくら / tio


16位:Offer / 環ROY


15位:Theme Song / Summit


14位:夜明けのメモリー / フレンズ


13位:車と雨 / 中小企業


12位:くじらの巣 / ドミコ


11位:Blue / 鈴木真海子



10位:HOW DO YOU FEEL? / Yogee New Waves

Yogee New Wavesの2ndアルバム”WAVES”から8分に迫るロングトラックを10位に!
イントロからドラムが生きるR&B的ビートが良し!

*ヨギーのこのアルバム、2017年上半期ベストディスクです。
全曲クオリティ高すぎ!ぜひみなさんもアルバム単位で聞きなおしをオススメ!


9位:革命前夜 / Tempalay

GAPとのコラボ制作ムービーも話題になったTempalayのアポロ月面着陸を題材にした曲、
ギターサウンドの作りこみは相変わらずオリジナル感強め、こちらもヨギーに続いてドラミングが強い、体を揺らせる一曲!


8位:エーデルワイス feat.Mcpero / UKR

今年1月リリースのUKRのアルバムからゴールデンタッグのお披露目曲がこちら。
UKRの作る整った多音トラックにゆるく乗り合わせるMCperoの独特なボーカルが見事にマッチ。

kinz up企画 Bringly up -vol.2-では出演ありがとうございました!ライブでも最高です。


7位:井戸育ち/ MONO NO AWARE

今年満を持してリリースしたMONO NO AwARE1stアルバム「人生、山おり谷おり」からメンバーが世界中を旅する模様を撮影したMVにも注目の「井戸育ち」を7位にセレクト

テンポの切り替えが素晴らしい曲だという印象、メンバー本人は意味はないというけどやはり韻をちゃんとつかんでて聴く人に想像させるセンスの高い歌詞にも注目!


6位:TABACCO / suchmos

今をトキメクsuchmosの2ndアルバム THE KIDSより「TABACCO」をセレクト
決して天の邪鬼でSTAY TUNEやMINTを選ばなかったワケじゃなくダントツでこの曲がカッコいいと思う。

アルバムタイトルが「THE KIDS」なのに”TABACCO”っていうタイトルで返してるのもまずカッコいいし、当然ビートも歌詞もカッコいい。

「プライドをグラムで売れ、それを買うやつに死ぬまで従え」って歌詞はもうただただカッコいいっす



5位:Salve feat.JJJ / KID FRESINO

KID FRESINOの4曲入りEP”Salve”からタイトルトラックのこちらを第5位!

プロデュースをペトロールズの三浦淳悟が手掛けたという事で各メディアで取り上げられることも多かったこの作品。

イントロから耳によく通るギターが印象的、サビもギターのメロディがカッコいいけどそこに乗せるJJJのラップがキレすぎてて最高。
KID FRESINOのラップも日英半分ずつくらいの、カッコ良すぎな発音を携えたラップはもはやKID FRESINOの代名詞かと思うほど。

20位:Eazy Breezyと合わせての選出。話題性的にも2017年のハイライトアーティスト!


4位:Dayliht Avenue / Alfred Beach Sandal + STUTS

こちらも年間ベストディスク候補ですね!ソロで活躍する最高の二人によるコラボリリース。

“Horizon”がMVも公開されてリードトラックのようですが、こっちの方が好きです!

HIPHOPとバンドPOPSをミックスさせたような、上半期で一番スーパー万人受けする曲だと思ってます。
イントロのビートもシティポップないしR&Bを狙ってるバンドにありそうな感じだけど、テンポも速いしSTUTSのMPC打ち込みが入っててオリジナリティの強い真似の効かない最高のトラックに上がってます!

ビーサンの歌声も相変わらず聴きやすく分かりやすく、歌詞も韻を気持ちよく踏んでるし
「宵越しの金も持てず、また今日も始まりです」のあたりは完全に狙って来てるけどトラックとの調和も完ペキでいう事ないですね。

この6曲入りアルバムはホントに夏場にかけて激リピートすると思います。みなさんも乗り遅れることなく!


3位:L.S.L / toconoma

toconomaの3年ぶり3rdアルバムから!

今までのtoconomaキラーチューンは”relive”で大勢の方異論なかったと思いますが、今後のライブでの一番の楽しみがこっちになりました。
イントロからドラムビートが揺らしに来てて最高、そしてAメロというのかギターがカッティング&メロディ弾いてて絶好調、サビ前からサビにかけてはキーボードが盛り上げにキテて、
特に特に2:10あたりからのベースが主役になるところ最高じゃないでしょうか。裏でギターが少しずつ上げてくるのも”エモ”いですね。最高。

他の追随を許さないインスト”エモ”バンドはまだまだ健在の模様!
リリースツアーも今週末からスタートするという事で要チェック!(東京公演はソールドアウト)


2位:Boys On TV / DYGL

ALL英詞からのセレクトはこの曲だけ!
基本的には英語詞を良しとしてない僕ですが、この曲はギターの裏打ちがすべて!音の作り方も含めてカッコ良すぎです!

乗りやすい裏打ちをいれつつのキャッチ―なメロディのサビは曲中3回繰り返されるけど飽きの来ないカッコよさ。
フィジカルで買った人には、歌詞カード2冊入ってて和訳も入れてくれてるという親切っぷりと、この”Boys On TV”の最初16小節分の歌詞がパンチ効いててべたぼれしました。

歌詞カードでは
「画面に司会者 彼らは懲りずに同じ冗談をかます
同じ化粧をした人々は同じオチでまた笑うだろう」とあって
勝手な解釈ですけど「また同じようなことやってんのかよ」とか「俺らはどんどん進んでいくぜ」ってことを示してるのかなと思ってカッコいい表現で歌うなぁ と感動しました。

アルバムタイトルも「Say Goodbye to Memory Den」という、「なじみの場所にサヨナラ」とかそういう意味だと思うのでMV公開された”Let It Out”もカッコいいけど裏リードトラックじゃないのかなと思ってる節も。

“カッコよさ”に全振りしてるバンドだと思います!suchmosのTABACCOもMONO NO AWAREの井戸育ちも”オシャレさ”が強い面もあるのでそういう意味ではバンド界では圧勝でしたね。

みなさんも是非聞き惚れてみてください。


1位:made my day / 唾奇×Sweet Willam

1位には今年4月にダブルネームでアルバムをリリースした唾奇×Sweet Williamのこちら

19位にも同じアルバムからkiki vivi lilyをフィーチャーした曲をランクインさせてますがこっちは唾奇のみ。
歌ってる唾奇に注目集まりがちだけどトラック作ってピアノ弾いてるSweet Willamもきっちり評価されてほしい。

Sweet Willamのビートは曲通してずっと体を揺らせるシンプルな感じだけど、サビにかけてピアノとベースの厚みを変えたり飽きさせない程よい展開が良い。

その揺れにちょうどハマるように唾奇のラップが韻を合わせてくるのでさらに乗ってしまうっていう相乗効果がヤバいです。
頭韻と脚韻どっちも多用してるけどちゃんとビートの揺れに合わせて韻を落としてるのが今までのラッパーと違って新鮮なのかなとか思ったりしてます。全部脚韻だけだともう古い時代。

もちろん唾奇のビジュアル的なカッコよさ、雰囲気とかもめちゃめちゃカッコいいのでその辺もあるとは思いますが、この曲と唾奇は2017年のハイライトで間違いなしです。

唾奇もSweet Willamもkiki vivi lilyとのコラボで知ったんですが、こんな最高な曲、アーティストがまだまだ埋もれてるのはホントにもったいない!
唾奇のニュース、これからも拾っていきたいのでぜひみなさんもチェックくださいね。


以上、上半期ベストソング20の紹介でした。どうだったでしょうか?
少し音楽シーンにアンテナ張ってる方であれば王道的なところだったかも知れません、基本的にはミーハーなので。

個人的な感想では、良い具合に(シティヒップホップ含めた)ヒップホップシーンからとバンドシーンから曲が出そろったんじゃないかなと思います。

去年も上半期1位においた”HIT NUMBER/おかもとえみ” がそのまま年間ベストだったので今年下半期にmade my dayを超えてくるカッコよくておしゃれな曲が出てくるか、楽しみです!

 

ちなみにこの記事を検索などから見つけてkinz upのサイトへアクセスしていただいたそこのあなた、

kinz upでは邦楽特化でやってるので逆に他のサイトとまた違った色というか、ド本命な曲ばかりセレクトするミーハーメディアなので皆さんのアンテナにも引っかかる点多いと思います!
少なくとも紹介した20曲、聞いてみてkinz upダサいな、イケてるなの判断してもらえたら嬉しいです。

 

あと今年は僕(ぐっち)だけでなく、もう一人のライター「なつみ丸」も上半期ベストの記事を上げる予定です。
僕とまた違うアンテナ持ってるのでそちらも楽しみに待ってもらえると良いかと思います僕も楽しみです!

それと 「ベストソング ~期待のアーティスト編~」 てのも構想中なのでそちらもぜひ。

 

また下にもろもろ関連記事置いておくのでぜひそちらも読んでいっていただけると嬉しいです!では!


<関連記事>

KID FRESINOのバンド編成スタジオ演奏動画が公開!

KID FRESINO、Fla$hBackS脱退にSNSで話題沸騰も多くを語らず曲で語る。

【インタビュー】3rdアルバムリリースを控えるtoconoma、圧巻のライブアクトはどう生まれているのか?アルバム関連質問も!

“CITY HIP HOP MIX”の最新作は7/26にリリース、special trackに唾奇×おかもとえみ!

今年大ブレイクしているラッパー、”唾奇”が12インチリリースを発表!書き下ろしの新曲がカッコ良すぎです

ヒップホップレーベル”SUMMIT”から昨夏公開ポッセカットのフィジカル盤リリースが発表!

インストバンドtioの2年ぶりアルバムからfeat.泉まくらのMV公開!「都会的」な最高の音楽がここに!

【メンバーコメント掲載】JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBの2ndアルバム詳細公開!

会心の、渾身の1stアルバム。歌詞から見るMONO NO AWAREのヤバさ。

 


このサイトのTwitterアカウントもあるのでフォローよろしくお願いします
基本は音楽情報のリツイート、もちろん更新情報をツイートするので良ければ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です